So-net無料ブログ作成

【BlueStar167さんと初セッション】 日本貨物航空 ボーイング747-8KZF/SCD JA12KZ/JA13KZ@成田国際空港 【2013年3月3日撮影】

こんばんは。

実は、昨日……約11ヶ月ぶりに、成田国際空港まで行ってまいりました。

当然のことながら、目的は、民間の旅客機・貨物機の動画撮影でした。

いやしかし、約11ヶ月間、何やってたんやろ。ま、昨年9月末には自宅で『墜落』事故を起こして入院してしまいましたからねえ…。

今となっては笑い話になるかも知れませんが(そうでもないか)、その当時はマジで、ヤバイ状態に陥っておりましたから。



で、昨日、かなり久々に、成田に行ってきたわけですが、朝7時過ぎにRWY34Lエンド(畑ポイント)に到着後、何やら、「あの方かも知れない」と思わしき撮影機材をチラッと見てみたところ…

「もしや…?」

と思い、恐る恐る……ちゃうちゃう、思い切って、その方に声をかけてみました。

その方とは……そうです、関西国際空港をベースに活躍している、BlueStar167さん(以下、ブルースターさん)だったのです!!

お互いに「はじめまして」とご挨拶、いろいろ撮影秘話などを語り合いながら、昨日一日、ブルースターさんと初めての撮影セッションを行わせて頂きました。

この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

また機会がありましたら、その際はぜひとも、宜しくお願いいたします!!



ブルースターさんのチャンネル『BlueStar167's channel - Plane Spotting Worldwide』

http://www.youtube.com/user/BlueStar167



日本貨物航空 JA12KZ@成田国際空港(RWY34Lエンドより)。RWY34Lへのファイナルアプローチ。



JA12KZ・機体前方のアップ。



JA12KZの尾翼。



JA12KZ・タッチダウンの瞬間。



着陸滑走中のJA12KZ。



その中から、今日は……昨日撮影した、ニッポンカーゴこと、日本貨物航空のボーイング747-8F型貨物機の記録カットを、取り急ぎ、アップしてまいりました。

2機ともRWY34Lエンドで撮影した、34Lへの着陸シーンです。

それでは、早速、ご覧頂きましょう!!

※本記事では、撮影時刻順に紹介させて頂きます。





[NCA's 2nd 747-8F] Nippon Cargo Airlines JA12KZ landing @ Narita RWY34L [March 3, 2013] ※撮影時刻=9時15分
http://www.youtube.com/watch?v=0QP86EejyA8

HD版はこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=0QP86EejyA8&hd=1



私が初めて撮影したニッポンカーゴの747-8Fが、こちらのJA12KZ。20時過ぎにアップしました。

同社が導入した747-8Fの2号機で、2012年(平成24年)12月にボーイング社から受領しました。

後述のJA13KZとともに、当初から、同社の新塗装を纏っております。

また、エンジンは、GE アビエーション製の『GEnx-2B67』を4発装備しております。

ご覧頂くとわかるように、4発のエンジンのナセル(外装)後方には、『シェブロン』と呼ばれているギザギザのものが装備されており、エンジンの騒音を低減させる効果があるようです。

ちなみに、この『シェブロン』は、ボーイング787のエンジン(GEnx、および、ロールス・ロイス製のトレント1000)にも、装備されております。

あと、特徴的なものといえば、主翼端に装備されている『レイクド・ウイングチップ』。いわゆる『ウイングレット』と同様、翼端渦による抵抗を抑える役割を持っているわけです。

747-400(いわゆるダッシュ400)に装備されているウイングレットも好きなんですが、747-8のレイクド・ウイングチップも、なかなかカッコイイですな。

それと、もう一点。747-8F(旅客型の747-8Iも)の全長は、なんと、76.3メートルもあるのです。

かつて世界最長といわれたエアバスA340-600の75.3メートルを1メートル上回り、747-8シリーズが、(現時点では)世界最長の民間機となっております。





[NCA's 1st 747-8F] Nippon Cargo Airlines JA13KZ landing @ Narita RWY34L [March 3, 2013] ※撮影時刻=11時33分
http://www.youtube.com/watch?v=uaIVgAwCv8U

HD版はこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=uaIVgAwCv8U&hd=1



JA12KZの約2時間後に撮影したのが、こちらのJA13KZ。今日の未明にアップしました。

同社が導入した747-8Fの記念すべき初号機で、2012年(平成24年)7月にボーイング社から受領しました。

で、最初にご覧頂いたJA12KZの時もそうだったんですが…

アプローチおよび着陸時の速度、メッチャ速ッ!!

あくまで私が見た限りで言えば、200km/hは超えていたでしょうね。

それと、もう一点…。

34使用の場合ですが、34Lのタッチダウンの地点が、以前と比べて南側になりました。

これは、昨年12月13日にA滑走路(4000メートル)の全面運用が開始されたことに伴うものです。

新聞記事によれば、『開港時にA滑走路南側の用地買収が難航したため、航空機の着陸に必要な進入灯を滑走路内に食い込む形で整備。南側からの着陸では滑走路を3250メートル分しか使えなかった』とのことでした。

1978年(昭和53年)の開港以来、A滑走路はずーっとこのような状況だったわけですけれども、この度、漸く全面運用開始となったことで、『滑走路が長く使えるようになるため、雪など悪天候下の着陸時に安全性が高まる』、とのことなんですね。



◎関連記事 ⇒ 成田、4千メートル滑走路を全面運用 開港以来初めて ※MSN産経ニュース(産経新聞)より。





日本貨物航空 JA13KZ@成田国際空港(RWY34Lエンドより)。RWY34Lへのファイナルアプローチ。



JA13KZ・機体前方のアップ。



JA13KZの尾翼。



JA13KZ・タッチダウンの瞬間。



着陸滑走中のJA13KZ。





ということで、今回は以上です。ありがとうございました!!

なお、このほかの収穫につきましては、随時、YouTubeにアップロードするなり、ブログに書くなりしますので、気長にお待ちくださいませ。





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Powered by NINJA TOOLS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。