So-net無料ブログ作成

【新鶴丸×JT9D-7R4D】 日本航空 ボーイング767-346 JA8364@東京国際空港 【2013年3月23日撮影】

おはようございます。

年度末ということもあってか、いろいろ忙しかったため、ブログ記事の更新は、かなり久々となってしまいました。

申し訳ございません。



で、昨日は、ちょうど1か月ぶりに、羽田の南側にある『浮島町公園』まで行ってまいりました。

今月30日限りで退役となる、日航のMD-90(JA8020およびJA8029)の撮影がおもな目的だったわけですけれども…

残念ながら、『17年分の感謝をこめて MD-90 ありがとう』の塗装が入ったJA8029は、撮影することができませんでした(そのかわり、JA8020はなんとか撮影に成功→今週中にアップロード予定)。

また次の機会に……といっても、撮影のチャンスはもう、30日(土曜日)までしかありませんからね。それまでの間に、なんとかして、JA8029を撮影せねば。

できれば、北風運用時に浮島で34L降りを狙いたいところですね(『MD-90 ありがとう』は、機体左舷側にしか塗装されていないため)。



日本航空 JA8364@東京国際空港(浮島町公園より)。RWY34Lへのファイナルアプローチ。



JA8364・機体前方のアップ。ちなみに、装備エンジンは、プラット・アンド・ホイットニー製の『JT9D-7R4D』×2基です。



JA8364・機体後部(尾翼)のアップ。



JA8364・後追いキャプチャ(その1)。



JA8364・後追いキャプチャ(その2)。2本の管制塔をバックに…。



JA8364・タッチダウンの瞬間。



さて、今朝は、昨日の成果の中から、取り急ぎ、JA8364の記録カットをアップしてまいりました。

早速ご覧頂きましょう!





[新鶴丸×JT9D-7R4D] Japan Airlines (JAL) JA8364 landing @ Haneda RWY34L [March 23, 2013]
http://www.youtube.com/watch?v=QWMGXTgeE2I

HD版はこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=QWMGXTgeE2I&hd=1



生憎の曇り空の中で撮影した、RWY34Lへの着陸シーン。午前中は日差しがあったものの、昼頃から夕方までは曇り空となり、その上…

時折、北寄りの風が強く吹き(15ノット前後)、体感的には、寒かったです。

いやしかし、3月後半だというのに、この寒さ……マフラー持って行けばよかったかも。

ちなみに、昨日の羽田の最高気温は、11時に観測された15.7℃。その後は気温がどんどん下がり、17時の時点では、12.2℃まで気温が下がりました。



で、今回アップしたJA8364は、1990年(平成2年)9月に導入された機体ですが、当初は2代目の鶴丸塗装(歴代ロゴとしては3代目)を纏っておりました。

その後、元 日本エアシステムと合併してからは、太陽のアーク塗装になって活躍したわけですけれども…

昨年8月末、JA8364は、現行の新鶴丸塗装へと切り替えられました。

よって、JA8364は、再び鶴丸を纏って、日本の空で活躍することになったわけです。

何としてでも、マトモな形で動画撮影したかった、新鶴丸のJA8364。やっとの思いで、初めて、私のYouTubeチャンネルにアップすることができ、正直、ホッとしております。



ちなみに…

JA8364の装備エンジンは、プラット・アンド・ホイットニー製の高バイパスターボファンエンジン『JT9D-7R4D』×2基で、日航がローンチカスタマーとして導入した『ボーイング767-300型機』の初期型に装備されているものです。

2013年(平成25年)3月現在、現行の新鶴丸塗装を纏ったJT9D-7R4D装備の767-300型機は、今回アップしたJA8364の1機のみとなっております。

経年機ということもあり、あと何年活躍できるのかは、私にはまったくわかりません。

ただ、それでも、古き佳き民間機を好む私としては、一日も長い活躍を、願うばかりです。



参考までに…

太陽のアーク時代の記録カットを、本記事に載せておきます。シチュエーションは、今回のとまったく同じです。↓



Japan Airlines (JAL) Boeing 767-300 JA8364 @ Haneda [20110326_1314]
http://www.youtube.com/watch?v=AWPDJCiZ7sU

HD版はこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=AWPDJCiZ7sU&hd=1



2年前の同じ時期に撮影したJA8364。当時、羽田周辺では、北寄りの風・風速25ノット前後という風が吹き荒れていたため、全カットにおいて、ブレが多発してしまいました。

基本的には、こんな状況の中では撮影したくないのですがね…。





では最後に…

旅客機動画をメインにYouTubeで活躍されている、羽田ベースのぼんぼんさんと、熊本ベースのMrKodakichiさんが撮影されたJA8364の記録カットをご覧頂きましょう!

いずれも城南島海浜公園で撮影された、RWY22へのファイナルアプローチです。





JAL B767-300 [JA8364] Landing @ HND 【ぼんぼんさん撮影】
http://www.youtube.com/watch?v=TFW9DYLBDn4

HD版はこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=TFW9DYLBDn4&hd=1



Tokyo International Airport-JAL(Boeing767-300) 7 【MrKodakichiさん撮影】
http://www.youtube.com/watch?v=6A1P7oAasGA

HD版はこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=6A1P7oAasGA&hd=1



城南島からRWY22アプローチを撮影しよう……となると、カメラワークはもう、これしかありませんよね。

いずれの作品も、機体を『どアップフォロー』で撮影しているわけですから、私としては、それだけでも、高評価に値する作品(←上から目線ゴメンナサイ m(_ _;)m)だと考えております。

ただ、残念なのは……ぼんぼんさんの表題のつけ方ですかね(ホントはMrKodakichiさんの『説明欄』も、厳密的には間違っているのですが)。

私が思うには、必ず、タッチダウンの瞬間(特に車輪)、転がり(着陸滑走)をマトモな形で撮影したものを『Landing』とつけるべきなんですよね。

しかし、これらの動画の場合は、タッチダウンの前に、機体の下半身(特に車輪)が見えなくなってしまっているわけで…。

このようなシチュエーションの場合、正しく表題をつけようと思うのであれば、私としては『Approaching』と書くべきではないかと思います。



現に、私のチャンネルでは、このようなシチュエーションの記録カットをアップする際、必ず『approaching @ Haneda RWY22』という風に記述しているわけですからね。

参考までに、その例を1本。昨年8月に撮影した、日航のJA8398です(ちなみに、装備エンジンはゼネラル・エレクトリック製の『CF6-80C2B4F』×2基)。↓



Japan Airlines (JAL) Boeing 767-300 JA8398 approaching @ Haneda RWY22 [20120819_1233]
http://www.youtube.com/watch?v=jrtMXKWe5go

HD版はこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=jrtMXKWe5go&hd=1





ということで、最後に細かいことをブツクサ書いてしまいましたが、今回は以上です。ありがとうございました。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Powered by NINJA TOOLS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。